『ゆりかご』で働きたいと思っているあなたへ

Our Mission

水戸で生きづらさを抱えている人たちにとって
ひとつでも多くの選択肢をもってもらいたい。
私たちはその選択肢となりたい。

ひとは、どんな状況でも「選ぶこと」ができる

平成から令和へと時代が変わり、社会情勢はすさまじいスピードで変化しています。高齢化のスピードは世界でも類を見ない“超高齢社会”であります。弊社のある水戸市においても高齢化率は26%を超え(2019年)、4人に1人以上が高齢者という状況です。しかし、これは私たちが望んだことなのです。めざましい医学の進歩、公衆衛生の発展、健康意識の向上により、長生きをしたいというみんなの努力の賜物なのです。住み慣れた地域で幸せに歳を重ねられることこそ、先人たちが目指してきた社会なのです。

しかし、どうでしょう?高齢ドライバーの運転をする車の後ろを走るあなたは、どのように感じながら運転していますか?レジでお財布を出すことがなかなかできない方の後ろに並ぶとき、どんな思いで並んでいますか?老いは例外なく、すべての人に、生きている以上やってきます。老いをみるのではなく、そのひとをみて、尊い存在と認めることで、歳を重ねても、誰にも遠慮することなく、その人らしく生きられるのではないでしょうか?高齢者だけではありません。地域には障がいをもって、生きづらいと感じている人もいます。建物の段差をなくしても、私達は無意識に心のバリアをつくり、いわゆる社会的障壁の一因となっている存在なのです。

障がいを持っても、歳を重ねても、認知症になっても、誰にとっても優しく、安心できる社会にしていきたいと思いませんか?私たちはそんな社会を、同じ志を持った仲間とともに医療・介護・福祉サービスによって、創っていきたいと考えています。

私たちの仕事に対する考え方
本当の働き方改革ってなんだろう?

休みが増えること、仕事の時間が減ることにより、働き方改革といえるでしょうか?もちろん、残業が多いことはいいことではありませんし、休みが増えることは良いことです。
しかし、一番大切なことは、「仕事に対する思い」ではないかとゆりかごは考えます。
人から与えられている「仕事」は、自分のためにやっていないことが多く、さらに結果を求められると、自分以外の人のために、なぜこんなに頑張らなくてはならないのかという気持ちになります。しかし、自分で課す「志事」は、業務が結果として自分のためになるという気持ちになり、「仕事に対する思い」と自分のためという思いが重なり、楽しく仕事ができるようになると考えています。

だからこそ、私たちは仕事上のルールは徹底的に見える化しています。就業規則をデータで全職員に配布し、賃金体系やキャリアパス体系についても完全に見える化しています。労使間のルールはきちんと定めたうえで、私たち自身が笑顔になる「志事」をすることが、利用者様への最大の益を生み出すものだと信じています。研修や講習への参加も推進しており、学ぶための費用についても、ゆりかごは応援しています。楽しく働き、楽しく成長する。仕事とプライベートのバランスを良い状態に保てるように、ゆりかごはお休みの希望もほぼ100%叶えています。子どものための学校行事やPTA活動への参加、趣味や急な子どもの発熱など、休みが必要な時は、おたがいさまの精神で、みんな支えあっています。
ゆりかごは、職員ひとりひとりが笑顔になる取り組みを会社として応援しています。

求める人材像

とにかく「ひと」を支えたいと思う人  社会に対して問題意識を持てる人  正しいことを言える人

病気や障がいをみるのではなく
その人らしさを大切にしてくれる人を求めています

どんなことにも当事者という意識をもって、「わがごと」として問題意識を持てる人は、きっと自分で未来を切り拓くことのできる人だと思います。他力本願、責任転嫁、無関心により、モラルを失い、自分で判断のできない人となってしまうのです。

そして、どんな状況でも、正しい心を持ち続けることのできる人と一緒に志事がしたいと思います。私たちは「倫理」を大切にし、社訓でもある「一期一会」の精神で、「今」に全力で取り組める人材を求めています。

お気軽にお問い合わせください。

029-229-7562

〒311-4206
茨城県水戸市飯富町3467-1

スマホ向け表示